三島,沼津,ヨガ,教室,体験,シルクサスペンションで楽しくダイエットする方法(静岡)

三島 沼津 不妊 不妊治療 妊娠

石田ビューティースタジオ

      2017/11/13

こんにちは、石田です。

不妊治療で悩む女性にはシルクサスペンションで癒しの時間を!

妊娠できました!と幸せな報告が30人、届いています!(報告頂いたものだけ。)

3児のママの石田七月トレーナーも、妊活を応援していますよ。

スタジオでは、不妊治療を乗り越えて妊娠・出産された方が、報告に寄っていただけることが多いです。

嬉しいことですね。

楽しいから、気持も体もリラックスできた。

と、喜びの声をいただきます。

楽しく体を伸ばすことは、とっても気持よく感じます。

気持がいいと感じられる時間を、日々の生活に取り入れることができたなら、ワクワクするようなことが、もっと起こるような気がしますよね。

体を伸ばすことは、固くなった筋肉をゆるめて、動きやすい体に変えてくれます。

動きやすくい体になれば、体力をつける運動もスムーズにできるようになります。

コツコツと週1回、楽しく体を伸ばして、運動して体力がついた半年後の自分。

何もしないでそのままの生活で半年後の自分。

いかがですか?

不妊、不妊治療の悩みから、少しだけ離れて30分だけ、楽しく気持よく運動してみるといいですよ。

美しく、元気で、楽しそうな自分に出会うことができます。

結婚しても子宝に恵まれないと悩むご夫婦の方もすくなくありません。

国立社会保障・人間問題研究所の調査によると不妊に悩み、検査や治療を行っているカップルは6組に1組と言われています。

不妊の原因は男女ともに様々ですが、近年は女性の社会進出による晩婚化・晩産化といった社会情勢の変化も大きく関係していると考えられています。

さらにストレス社会と呼ばれる環境に身を置くことで発生する心理的要因や、不規則な食生活、短い睡眠時間といった忙しい日本人に多い健康面の問題も少なからず影響を与えているのではないでしょうか。

ますは、自分自身のために、体を伸ばして代謝アップ、筋力アップ、内蔵力アップ。

美しい人は、努力しています。

子どもができない→不妊治療→授かれない→ストレスを感じている

いざ不妊治療を始めてみると、多くの人が治療にストレスを感じている。

体験レッスンのときは、いろいろ悩みをお話しされます。

治療にかかる身体的や精神的ストレスはそうですが、それ以外にもストレスの原因となることは多くあります。

高額な治療費(保険適応外)

治療が体に大きな負担をかける(特に女性側)

身体的・精神的・金銭的に大変な治療を行っても100%授かれる保証がない。

これら原因がカップル(治療面では特に女性側)を追い詰めていると言われています。

他にも周囲からの「子どもはまだ?」というプレッシャーも少なくありません。

晩婚カップルの場合は子宝に恵まれないと年齢的な理由から焦ってしまう傾向にあります。

精神的に、体力的に、そして金銭的に辛い・大変と感じながら治療を続けなければならないのが、現在の不妊治療のデメリットでもあります。

心と体は繋がっている。

東洋医学では「気」は基礎理論の一つとして考えられています。

「病は気から」と言われるように、『気』は「生命活動」に必要なエネルギーと考えられています。

目には見せませんので、実際に『気』が私たちの生命活動にどのような影響をもたらすのか、理論的に証明することは残念ながら難しいのです。

しかし『気持ち』一つで局面を乗り越えるといった場面を、私たちは誰もが一度以上は経験したことがあるのではないでしょうか。

病を治すには、落ち込んでいるよりも笑顔や前向きな姿勢がより治癒の効果を高められると考えられています。

この考えは不妊治療にも当てはまります。

実際に不妊治療を経て妊娠した人の中には「辛い治療を思い切って中断して、一休みしたら授かった」という人がいます。

辛い(と思っている)治療から一時的に解放されたという心の余裕が体に治療以上の効果をもたらしたことが考えられます。

不妊治療を辞めることが一概に正しいのではなく、不妊治療と並行してリラックス、もしくは気分転換になることを行うことが、より治療の効果を高めると考えられます。

先にも書いたように、不妊治療は実際に治療を受けた人でなければ分からない大変さや辛さがあります。

特に女性は身体的な面でも大変さを感じる場面が多いです。

そんなときこそ、心と体をじっくり癒してあげることが大切です。

しかし治療中に気分転換をする方法は、体に負担をかけないものばかりを考えませんか。

さらに実際に試してみても、リラックスできなかったらどうしますか。

治療で心も体も疲れ切っているのに、気分転換をしても心も体も休まらないままでは、治療でより良い結果を望むのは難しいのです。

心身共に健やかで、そして軽やかな気持ちで新たな命を迎え入れるために大切なことは、ご夫婦の心身が健やかであることが何よりも一番大切なことではないでしょうか。

不妊治療でオススメのリラックス方法ならシルクサスペンションが最適

シルクサスペンションをご存知ですか。

天井から伸びたハンモックを使い、リラックスしながらヨガを取り入れた運動や呼吸を行うエクササイズです。

ヨガを含めたシルクサスペンションには激しい動きがないので不妊治療中の辛い時期にも心身ともにリラックスして行うことができると、治療をしている女性から絶大な信頼と人気を集めています。

シルクサスペンションには、何かを完治させたり、良くしたりする効果はありません。

しかしシルクサスペンションを使ってリラックスをすることで、体により良い健やかな反応が期待できるのです。

シルクサスペンションをやってみた不妊治療中の女性

Aさんは不妊治療3年目です。夫婦には原因が見当たらず、タイミングを計って不妊治療を続けていました。

治療2年目に、体調を崩して一時的に治療を休んだ時のこと。

どうして治療をしなければならないのか、なぜ子どもを授かれないのか…そればかりを考える日々でした。

治療が嫌で、一時的にふさぎ込むことも。

そんなときに不妊治療仲間に進められて、シルクサスペンションの体験に参加。

運動が苦手なAさんでもシルクサスペンションは難しく、Aさん自身ものめりこむようにシルクサスペンションを楽しんでいました。

これなら楽しく続けられそう!と入会を決意。

シルクサスペンションのおかげで、気持ちが前向きになり、治療3年目にして待望の赤ちゃんを授かることができました。

治療ばかりで気持ちが不安定になった時期を振り返り、シルクサスペンションのおかげで気持ちが前向きになれました。

それによって妊娠できたのだとAさんは確信しています。

シルクサスペンションで健やかな体を目指す

不妊治療は妊娠することがゴールではありません。

妊娠したら産まれるまでの約10か月間、おなかの中に赤ちゃんを育めるようにしていく。

そのためにも、心も体も健やかな状態を保ちながら不妊治療を行うことが理想ですよね。

ストレス解消だけでなく体力、筋力などを向上させ、なおかつ無理せずに気持ちよく。

さらに、楽しく続けられ体により良い健やかな効果を引き出せるシルクサスペンションがオススメです。

  沼津 ヨガ