三島,沼津,ヨガ,教室,体験,シルクサスペンションで楽しくダイエットする方法(静岡)

三島 yoga ヨガ体験

石田ビューティースタジオ

   

こんにちは石田です。

39歳ママが、30キロ以上のダイエットに成功です。

30,40代の女性が、痩せやすい体になるために、まずやってみて欲しいこと。

それは、気持ち良く身体を伸ばすことです。

使わなくなった筋肉は細くなり固くなりますから、代謝が下がっていきます。

スタジオのレッスンでは、毎回伸ばしを入れています。

開脚に前屈など、今体を伸ばすことに熱い注目が集まっていますね。

インスタグラムなどでも、よく開脚のポーズなどアップされています。

筋肉を伸ばす、伸びはとっても簡単なのに40代前後の太りやすくなった体を痩せモードに切り替える力は絶大です。

伸ばすエクササイズは、気持ちいいから続けられる挫折知らずの方法です。

エネルギー消費量が上がり痩せやすく、代謝が上がるほど、太りにくく痩せやすい身体に変わります。

代謝は筋肉と大きく関係していて筋肉の量が増えるほどエネルギー消費量が高まりますよ。

筋肉がしなやかに伸縮するほど成長ホルモンの分泌を促すことでも、代謝が上がります。

ところが40代前後になると筋肉は広範囲にわたって萎縮が進みます。

筋肉が増えることも伸縮することも、しづらい状態になります。

体をしっかり伸ばすことで、萎縮を解消すれば代謝は一気にアップ。

ですから、スタジオでは毎回レッスンに取り入れているから、女性のダイエットの結果がでやすいのです。

アラフォーになると筋肉が使われていないことで異変が起きてきます。

その変化とは、筋肉量の減少です。

筋肉量の減少これは誰にでもやってきます。

それを食い止めるのが、背伸びや、前屈など気持ちいい伸びです。

体を伸ばすエクササイズこそ、40歳前後から痩せにくくなった体に再び痩せるパワーを与える、最高のエクササイズです。

30キロ痩せの彼女も、週2回しっかりと伸ばしていますよ。

そもそも40歳前後からなぜ痩せにくくなるのでしょう?

その理由は筋肉にある異変が起こるため。

体は筋肉がしなやかに伸縮し、しっかり働くことで代謝を促し余分な脂肪落とすことができます。

筋肉は使っていなければ必ず劣化します。

筋肉は加齢とともに萎縮して機能しなくなるのです。

動かないことで萎縮して、筋肉量が減るという2段階で劣化が進みます。

その第一段階の萎縮が大部分に広がりじわじわと太りだすのが40歳前後。

劣化を止める事はできないのでしょうか?

そこで伸びが効くのです。

萎縮した筋肉も上手に伸ばせばしなやかな状態に戻ります。

その結果、代謝・筋力が上がるのです。

伸びて気持ちよく痩せましょう。

痩せやすく、太りにくいカラダつくりの一歩を踏み出しましょう。

今の自分の生活を見直してみてください。

いろいろな体の動きがありますか?

毎日同じようなルーティンになっていませんか?

使っていない筋肉は減ってきます。

二の腕、背中、バスト、お腹、お尻、脚と、使っていない筋肉がありませんか?

引き締めたい、痩せたい、と思っている部分のほとんどが、動かしていない場所なのです。

筋肉を伸ばすことで、筋肉の減りにストップをかけて、痩せやすい身体を作ることができるのです。

筋力は使うことで、グングンと力を取り戻してきます。

内臓力アップ

内臓が正しい位置に戻り機能がぐんと高まる。

筋肉が使われなくなったことで萎縮して衰えると、骨格筋が弱くなり、骨格を正常な形で支えることができなくなります。

これにより体が前後左右アンバランスに傾いてしまいます。

体が傾いてしまったり、首が前に出て猫背になったりしますよね。

さらに、土台である骨盤がゆがむことで、顔も左右のバランスが崩れることもあります。

内臓の位置がずれたり、圧迫されたりして内臓機能が低下。

巡りが滞って便秘やむくみを招き、代謝も落ちてますます太りやすい体質になります。

体を伸ばして筋肉の萎縮を解き骨格を本来の形に立て直せば内臓は正常な位置にリセット機能が高まり痩せ始めます。

伸ばすことで呼吸筋も柔軟性を取り戻す。

あとは深い呼吸、お腹のインナーマッスルを刺激お腹は表面の筋肉だけでなく深部のインナーマッスルが凝り固まり衰える事でも太ります。

ここをしっかり伸ばして柔軟性を取り戻すには呼吸を意識するしかありません。

難しいことはありません、ゆっくりと深く深呼吸をしてみましょう。

骨盤の周囲にある横隔膜、肋間筋、大腰筋の3つのインナーマッスルを伸縮させて、深呼吸しましょう。

深呼吸して、酸素をしっかりと取り入れることで、疲れにくくなります。

疲れにくいから、毎日がより動けるようになって活動代謝も上がってきます。

呼吸はストレスや携帯使用時の首を突き出した姿勢猫背などを続けると浅くなってしまいます。

猫背の状態は、お腹周りのインナーマッスルを休みっぱなしに。

反対に呼吸が正しくなれば息をしているだけでお腹が痩せるというわけです。

正しい呼吸にリセットするには1日の中で疲れを感じた時に深呼吸をするのが1番。

深呼吸でお腹の深部伸ばして美腹に。

 

  三島 ヨガ教室